サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部
  • HOME
  • 共同獣医学部とは

共同獣医学部が始まりました

共同獣医学部とは

山口大学と鹿児島大学に共同獣医学部をそれぞれ設置し、二つの大学が持っている教育資源と人材と設備を共用して、新しい獣医学教育カリキュラムを構築するとともに、国際水準の獣医学部教育に進化させるために、相互補完型の教員配置と施設整備を共に戦略的に推進します。「国際水準の獣医学教育のための相互補完による共同教育体制」と「社会ニーズへ機動的に対応できる獣医学教育と研究」の実現を目指し、共同学部化による獣医学教育改革の推進を図ることができる組織、それが「共同獣医学部」です。我が国の大学での学部教育においては、初めて行われる教育体制です。

共同獣医学部長からのメッセージ
アドミッション・ポリシー
ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー

共同獣医学部での授業カリキュラム実施方法

「山口大学共同獣医学部の学生」と「鹿児島大学共同獣医学部の学生」は、同じカリキュラムを受けます。特に、2年次から始まる専門教育課程は、完全に同一カリキュラムを実施します。今回、両大学に設置される、新しく設計された遠隔授業システムを用いて、それぞれの大学から移動することなく、相手大学の講義を臨場感を持って受講することができます。また、高学年で行われる実習は、それぞれの大学の特長を活かして、山口大学では「高度感染症実習」を鹿児島大学では「産業動物診断治療学実習」を開講し、学生が移動することで、これまで以上に高度な実習教育を受講することになります。

カリキュラムの流れ
遠隔授業システムの実施方法