サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

病態制御学講座 清水 隆 (TAKASHI SHIMIZU, PhD)

准教授
獣医公衆衛生学分野

shimizut@yamaguchi-u.ac.jp

083-933-5895

Reseach Map

担当授業科目

  • 獣医公衆衛生学 総論
  • 獣医公衆衛生学実習
  • 獣医公衆衛生学 各論

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

  • 人獣共通感染症に関する研究
  • マイコプラズマの病原性因子に関する研究
  • 宿主の自然免疫に関する研究

主な研究業績

  1. Shimizu T, Kida Y, Kuwano K (2011) Cytoadherence-dependent induction of inflammatory responses by Mycoplasma pneumoniae. Immunology. 2011 May;133(1):51-61
  2. Shimizu T, Kida Y, Kuwano K (2008). A triacylated lipoprotein from Mycoplasma genitalium activates NF-kappaB through Toll-like receptor 1 (TLR1) and TLR2. Infection and Immunity. 76(8):3672-8.
  3. Shimizu T, Kida Y, Kuwano K (2008). Ureaplasma parvum lipoproteins, including MB antigen, activate NF-kappaB through TLR1, TLR2 and TLR6. Microbiology. 154(5):1318-25. Shimizu T, Kida Y, Kuwano K (2008). Mycoplasma pneumoniae-derived lipopeptides induce acute inflammatory responses in the lungs of mice. Infection and Immunity. 76(1):270-7.
  4. Shimizu T, Kida Y, Kuwano K (2007). Triacylated lipoproteins derived from Mycoplasma pneumoniae activate nuclear factor-kappaB through toll-like receptors 1 and 2. Immunology. 121(4):473-83.
  5. Shimizu T, Kida Y, Kuwano K*(2005). A Dipalmitoylated Lipoprotein from Mycoplasma pneumoniae Activates NF-kappaB through TLR1, TLR2, and TLR6. Journal of Immunology. 175(7):4641-6.

研究内容の紹介

マイコプラズマ感染症の研究を行っています。マイコプラズは一般的な細菌に比べ特殊な点が多く、宿主に対する感染様式も変わっています。そのマイコプラズマの特異的な感染様式、またはそれに対する宿主の応答を研究しています。その他、ピロリ菌等も扱っています。

コンタクトインフォメーション

居室:獣医学研究科棟2階205号

オフィスアワー:いつでもどうぞ