サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

動物医療センター
 伊藤 晴倫(HARUMICHI ITOH, PhD, DVM)

助教
伴侶動物医療分野

haru-i@yamaguchi-u.ac.jp

083-933-5870

Reseach Map

研究テーマ

  • 間葉系幹細胞の機能的亜集団に関する研究

研究内容の紹介

間葉系幹細胞 (Mesenchymal Stem Cells: MSC) は生体に少数存在し、多分化能と自己複製能 を有することが知られています。遺伝子操作や受精卵の破壊などが必要なく、自己由来の細胞を 用いることができるため、MSCは臨床応用に用いやすいと考えられており、多くの臨床研究が行 われていますが、実際にMSCがどのような細胞であるかは完全には明らかとなっていません。 MSCは「生体より採取、培養され、脂肪、骨、軟骨に分化することができる細胞」と一般的に定 義されていますが、近年、様々なマーカーによってMSCに含まれる亜集団が同定されており、MSC は均一な細胞集団ではない可能性が示唆されています。本研究では、マウスとイヌの脂肪由来間 葉系幹細胞 (Adipose Derived Stem Cells: ADSC) を対象に、亜集団を同定する新たなマーカー の探索と、その性状解析を行ってきました。今後はさらなる分子生物学的な性状解析に加え、新 たなマーカーの探索も行っていきたいと考えています。さらに、これらの知見をもとに、将来的に は亜集団を用いたより効率的な再生医療の樹立を目指しています。