サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

ナショナルバイオリソースプロジェクト ゾウリムシ
藤島 政博 (FUJISHIMA Masahiro, PhD)

教授(特命)
NBRPゾウリムシ

fujishim@yamaguchi-u.ac.jp

083-933-5712

研究室のページへ

Reseach Map

研究テーマ

  • 凍結保存法の開発
  • 生殖核移植技術を用いた系統保存法の開発
  • ゾウリムシを用いた細胞内共生成立機構に関する研究

主な研究業績

  1. Kodama Y., Fujishima M. Chapter 16. Paramecium as a model organism for studies on primary and secondary endosymbioses. In, Biocommunication in ciliates, (Eds, Guenther Witzany, Mariusz Nowacki) Springer International Publishing Switzerland, pp. 277-304, 2016. Doi: 10.1007/978-3-319-32211-7_16
  2. Fujishima M., Kodama Y. Insights into the Paramecium-Holospora and Paramecium-Chlorella symbioses. In, Cilia/flagella and ciliates/flagellates, (Eds) Hausmann K., Radek R., Schweizerbart Science Publishers, Stuttgart, pp. 203-227, 2014 (Jan14). ISBN 978-3-510-65287-7
  3. Kodama Y., Fujishima M. Chapter 2. Secondary symbiosis between Paramecium and Chlorella cells. In, “International Review of Cell and Molecular Biology", (Ed) Jeon K. W., Vol. 279, pp. 33–77, Elsevier Inc. San Diego, Burlington, London, Amsterdam: Academic Press, 2010. ISBN: 978-0-12-381011-3
  4. Fujishima, M. Chapter 8. Infection and maintenance of Holospora species in Paramecium caudatum. In, “Endosymbionts in Paramecium". Microbiology Monographs Vol. 12, (Ed) Fujishima M., Springer Dordrecht Heidelberg London New York, pp. 201–225. 2009. Doi: 10.1007/978-3-540-92677-1_2, ISBN 978-3-540-92676-4
  5. Kodama Y., Fujishima M. Chapter 2. Infection of Paramecium bursaria with symbiotic Chlorella species. In, “Endosymbionts in Paramecium". Microbiology Monographs Vol. 12, (Ed.) Fujishima M., Springer Dordrecht Heidelberg London New York, pp. 31–55, 2009. Doi: 10.1007/978-3-540-92677-1_2, ISBN 978-3-540-92676-4

研究内容の紹介

 AMEDからの直接経費で参加している3名(橘理人 特命助教、大濵三紗子 技術補佐員、村上理子 事務補佐員)と課題補助者の3名(度会雅久 教授、清水隆 准教授、渡邉健太 助教)とでNBRPゾウリムシの事業を2012年から実施しています。ゾウリムシは大型の細胞で細胞分裂回数に依存して老化するため、信頼できる凍結保存の技術開発が研究者の夢でした。当事業がそれを可能にしました。現在は、さらに高度な系統保存技術の開発を行なっています。

 ゾウリムシでは、これまでに多数の原核および真核性の細胞内共生微生物が知られています。ゾウリムシは大量の細胞に同調して細胞内共生を誘導し、その後の継時的変化の追跡が可能な唯一のバイオリソースです。細胞進化の原動力の細胞内共生が成立するための条件をゾウリムシで調べています。

コンタクトインフォメーション

居室:共用棟A 2F 204号室

オフィスアワー:いつでもどうぞ