サイトマップEnglish
山口大学大学院共同獣医学研究科

アドミッションポリシー

 本研究科では、次のような人材を求めている。

  1. 研究者としての正しい倫理観を有し、行動規範を遵守できる人。
  2. 獣医学に関する十分な基礎学力、獣医倫理並びに技術を有している人。
  3. 研究活動に必要な英語能力とコミュニケーション能力を有している人。
  4. 研究課題への探求心と好奇心が旺盛な人。
  5. 豊かな人間性と向上心を有している人。

ディプロマポリシー

 本研究科では、所定の期間在学して所定の単位を取得し、本研究科の人材養成目的にかなう、以下の知識・能力を身につけた上で、学位論文の審査及び最終試験に合格してものに博士 (獣医学) の学位を授与します。

  1. 獣医学に関する最先端の科学技術の修得、及びそれらへの対応能力。
  2. 生命の科学的理解と論理的思考に基づき、研究者あるいは高度専門家として、自ら問題意識を持ち、獣医学を取り巻く諸問題に対応または解決できる能力。
  3. 獣医学・獣医療分野で研究の国際化に対応できる、実践的な英語およびコミュニケーション能力。
  4. 社会で活躍できるリーダーとしての能力。

カリキュラムポリシー

 本研究科では、ディプロマポリシーに掲げる人材を養成するために、共同教育科目、専門教養科目、先端実践科目、特別専修科目、研究推進科目を体系的に編成し、教育内容、教育方法、学習成果の評価についての方針を以下に定める。

[教育課程・教育内容]

  1. 1~3年次に各科目の特別講義、特別演習、特別実験により博士としての教養と専門知識を身につけ、獣医学に関する最先端の科学技術を修得し、社会で活躍できるリーダーを養成する。最先端の科学技術の修得、及びそれらへの対応能力。
  2. 得られた研究成果を元に、4年次に学位論文を作成する。これにより、生命の科学的理解と論理的思考に基づき、研究者あるいは高度専門家として、生命の科学的理解と論理的思考に基づき、研究者あるいは高度専門家として、自ら問題意識を持ち、獣医学を取り巻く諸問題に対応または解決できる人材を養成する。
  3. 「先端実践科目」はディプロマポリシーの 3) に関する能力を修得するために設定した科目である。内容は、「プレゼンテーションスキル」、「学術情報収集スキル」、「機関研修スキル」で構成されている。
  4. 「特別専修科目」は高度専門家として獣医学を取り巻く諸問題に対応または解決でき得る能力を修得することを目的に設定した科目である。内容は、獣医学術団体による専門医制度、認定医制度、専門家協会会員資格制度に既定された知識、技術、実務等を、複合的に実施して実践させる「特別専修スキル」で構成される。
[教育方法]
  1. ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を育成するために、各科目の目的・目標に応じた方法による教育活動を行う。
  2. 学生の主体的学びを推進するためにアクティブ・ラーニングを導入し、課題探求・解決学習及び実践的教育を行う。
  3. 対面式/メディア形式授業あるいはビデオ・オン・デマンドやE-ラーニングシステムを活用した授業を行う。
[学習成果の評価]
  1. 各科目において教育・学修目標と評価基準を明確にし、試験及びレポート等に基づき、学習成果の到達度を厳格に評価する。
  2. 4年間の学習成果は、4年次までの修得単位数に加え、「学位論文」による総括的評価を行う。