サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

生体機能学講座 加納 聖 (KIYOSHI KANO, PhD, DVM)

教授
獣医発生学分野

kanokiyo@yamaguchi-u.ac.jp

研究室のページへ

Reseach Map

担当授業科目

研究テーマ

動物のサイズ制御機構の分子メカニズムの解明と応用

  1. ほ乳動物多倍体細胞に関する研究
  2. 培養肝細胞の特性に関する研究
  3. アフリカチビネズミを用いたボディサイズに関する研究
  4. 変異マウスを用いたボディサイズに関する研究

主な研究業績

  1. Imai H, Fujii W, Kusakabe KT, Kiso Y, Kano K, Effects of whole genome duplication on cell size and gene expression in mouse embryonic stem cells., J Reprod Dev 62: 571-576 (2016)
  2. Kano K, Kusakabe KT, Kiso Y., DDR mouse models. In: Fridman R and Huang P (ed) Discoidin Domain, Receptors in Health and Disease. Springer, New York (2016)
  3. Imai H, Kano K, Fujii W, Takasawa K, Wakitani S, Hiyama M, Nishino K, Kusakabe KT, Kiso Y., Tetraploid embryonic stem cells maintain pluripotency and differentiation potency into three germ layers. PLoS ONE 10 (6): e0130585 (2015)
  4. Kawai I, Matsumura H, Fujii W, Kusakabe K, Naito K, Kano K., Discoidin Domain Receptor 2 (DDR2) regulates body size and fat metabolism in mice., Transgenic Res 23: 165-175 (2014)
  5. Fujii W, Kano K, Sugiura K, Naito K, Repeatable Construction Method for Engineered Zinc Finger Nuclease Based on Overlap Extension PCR and TA-cloning., PLoS ONE 8(3): e59801 (2013)
  6. Hisaki T, Naito K, Suigura K, Kano K., Regulation of embryonic size in early mouse development in vitro culture system., Zygote 22: 340-347 (2013)
  7. Kawai I, Hisaki T, Sugiura K, Naito K, Kano K., Discoidin Domain Receptor 2 (DDR2) regulates proliferation of endochondral cells in mice., Biochem Biophys Res Comm 427: 611-617 (2012)
  8. Kano K., Brenner's Encyclopedia of Genetics, Second Edition (Amazon.co.jp), Ms no. 455: dwarfism, in mouse
  9. Kano K, Kitamura A, Matsuwaki T, Morimatsu M, Naito K., Discoidin Domain Receptor 2 (DDR2) is required for maintenance of spermatogenesis in male mice., Mol Reprod Dev 77: 29-37 (2010)

研究内容の紹介

 2018年4月から新たに発足した研究室です。発生学は動物の体がどのような仕組みで精密に組み立てられていくか研究する学問です。本研究室では特に、動物のサイズ制御機構の分子メカニズム解明とその応用を目指して研究を行っています。 動物には固有のサイズがありますが、どのような仕組みで維持されているのでしょうか?同じ種の中でもイヌのようにグレートデンからチワワなど、多様なサイズを持つ種も存在しますがどのようなメカニズムで体のサイズは決定されているのでしょうか?
 動物のサイズ制御機構の解明は、動物の形作りの基本を理解する上で重要な課題であり、医学・獣医学研究などの応用生物学領域、疾患や遺伝病の解明において重要な課題です。
 得られた知見を家畜・コンパニオンアニマルの改良などに応用することも視野に入れており、生物のサイズ制御機構の解明は幅広い分野に対して学術的な貢献ができる可能性を秘めています。

コンタクトインフォメーション

居室:農学部・共同獣医学部本館 2階202号室

オフィスアワー:いつでも。