サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

臨床獣医学講座 上林 聡之(SATOSHI KAMBAYASHI, PhD, DVM)

助教
獣医内科学分野

s-kam@yamaguchi-u.ac.jp

083-933-5823

083-933-5823

Reseach Map

担当授業科目

  • 画像診断学
  • 伴侶動物診断治療学

研究テーマ

  • 犬リンパ腫における代謝プロファイル解析
  • 単癌犬のcell-free DNAに関する研究

主な研究業績

  1. Kambayashi S, Minami K, Ogawa Y, Hamaji T, Hwang CC, Igase M, Hiraoka H, Miyama TS, Noguchi S, Baba K, Mizuno T, Okuda M. Expression of O(6)-methylguanine-DNA methyltransferase causes lomustine resistance in canine lymphoma cells.
  2. Kambayashi S, Igase M, Kobayashi K, Kimura A, Miyama TS, Baba K, Noguchi S, Mizuno T, Okuda M. Hypoxia inducible factor 1α expression and effects of its inhibitors in canine lymphoma. J Vet Med Sci. 2015 Nov;7(11):1405-12.

研究内容の紹介

腫瘍と代謝の関連性、遺伝子異常について関心を持って研究を進めております。腫瘍細胞は正常な細胞に比べて様々な代謝の変化を起こしており、独特の栄養要求を示すこともあります。私はこの変化に着目し、代謝を変える遺伝子の異常がないか、変化した代謝をターゲットとした治療ができないかを主眼において研究をしています。

内科の診療科では、内科全般と循環器内科を担当しており、ゆくゆくは小動物の循環器疾患に関する研究を行いたいと思います。

コンタクトインフォメーション

居室:獣医学研究科棟3F

オフィスアワー:月曜と水曜は診療のため午後のみ