サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

臨床獣医学講座
 堀切園 裕(HIRO HORIKIRIZONO, PhD, DVM)

助教
臨床放射線学分野

hiro-h@yamaguchi-u.ac.jp

083-933-5896

Reseach Map

担当授業科目

  • 伴侶動物麻酔・手術学実習Ⅰ(分担)
  • 伴侶動物診断・治療学実習B(分担)

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

  • 犬および猫の腫瘍性疾患における新規診断法・治療法の開発
  • 腫瘍性疾患に対する血管新生阻害療法の研究
  • 動物の内視鏡外科治療に関する研究

主な研究業績

  1. Horikirizono H, Ishigaki K, Amaha T, Iizuka K, Nagumo T, Tamura K, Seki M, Edamura K, Asano K. Inhibition of growth of canine-derived vascular endothelial cells by non-steroidal anti-inflammatory drugs and atrial natriuretic peptide. J Vet Med Sci. 2019. doi: 10.1292/jvms.18-0575.
  2. Horikirizono H, Ishigaki K, Amaha T, Iizuka K, Nagumo T, Tamura K, Seki M, Edamura K, Watari T, Asano K. Clinical features and surgical treatment of inflammatory colorectal polyps in miniature dachshunds: 40 cases (2002-2015). Jpn J Vet Res. 2019; 67, 173-183. doi: 10.14943/jjvr.67.2.173.
  3. Amaha T, Ishikawa C, Ishigaki K, Horikirizono H, Iizuka K, Nagumo T, Tamura K, Seki M, Edamura K, Asano K. Computed tomographic-derived measurements of shunt fraction and hepatic perfusion in dogs with a single extrahepatic portosystemic shunt in a clinical setting. J Am Vet Med Assoc. 2019; 255: 821-827. doi: 10.2460/javma.255.7.821.
  4. 堀切園裕,石垣久美子,西村麻紀,飯塚恵悟,南雲隆弘,関真美子,枝村一弥,賀川由美子,浅野和之.前縦隔に発生した甲状舌管遺残腺腫の犬の1例. 獣麻外誌, 2018. 49巻, 20-25.

研究内容の紹介

小動物医療の現場では、犬や猫の死因のトップである悪性腫瘍を克服するために、早期診断や効果的な治療が必要とされています。悪性腫瘍の治療は外科療法、化学療法、放射線療法が主流ですが、医学領域では血管新生阻害療法(腫瘍周囲の新生血管を制御することで増殖や転移を抑制する治療法)も様々な悪性腫瘍に使用されています。現在は、犬や猫に血管新生阻害療法を臨床応用することを目的に、血管新生のメカニズムや血管新生阻害薬の作用についての研究を行っております。その他に、腫瘍組織や血液中における新規腫瘍マーカーや治療標的の探索や、外科療法、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的研究を行っております。

コンタクトインフォメーション

居室:共同獣医部3階336号室

オフィスアワー:随時