サイトマップENGLISH
山口大学共同獣医学部

教員紹介

臨床獣医学講座 馬場 健司 (KENJI BABA, PhD, DVM)

准教授
獣医内科学分野総合病性鑑定センター

kbaba@yamaguchi-u.ac.jp

083-933-5874

083-933-5930

Reseach Map

担当授業科目

研究テーマ

  • レトロウイルスの病原性に関する研究
  • 悪性腫瘍および免疫介在性疾患の病態に関する研究

主な研究業績

  1. Baba K, Kaneda T, Nishimura H, Sato, H. Molecular detection of spotted fever group rickettsia in feral raccoons (Procyon lotor) in the western part of Japan. J Vet Med Sci. 2013; 75: 195-7.
  2. Baba K, Itamoto K, Amimoto A, Kitagawa K, Hiraoka H, Mizuno T, Sato H, Okuda,M. Ehrlichia canis infection in two dogs that emigrated from endemic areas. J Vet Med Sci. 2012; 74: 775-8.
  3. Baba K, Nakaya Y, Shojima T, Muroi Y, Kizaki K, Hashizume K, Imakawa K, Miyazawa T. Identification of novel endogenous betaretroviruses which are transcribed in the bovine placenta. J Virol. 2011; 85: 1237-45. ・Baba K, Goto-Koshino Y, Mizukoshi F, Setoguchi-Mukai A, Fujino Y, Ohno K, Tsujimoto H. Inhibition of the replication of feline immunodeficiency virus by lentiviral vector-mediated RNA interference in feline cell lines. J Vet Med Sci. 2008; 70: 777-83.
  4. Baba K, Mizukoshi F, Goto-Koshino Y, Setoguchi-Mukai A, Fujino Y, Ohno K, Tsujimoto H. Application of RNA interference for inhibiting the replication of feline immunodeficiency virus in chronically infected cell lines. Vet Microbiol. 2007; 120: 207-16.

研究内容の紹介

外来性レトロウイルスの感染によって免疫不全や腫瘍が引き起こされることが知られている。一方,生殖細胞への感染により宿主のゲノムに定着したレトロウイルスを内在性レトロウイルスと呼ぶが,近年,一部の内在性レトロウイルス由来エレメントが免疫介在性疾患や腫瘍の病態に関与することが明らかになってきている。我々は,犬猫の外来性および内在性レトロウイルスの病原性について解析し,診断・治療への応用を検討している。

コンタクトインフォメーション

居室:獣医学研究科棟3階

オフィスアワー:いつでも