山口大学 共同獣医学部

教員紹介

生体機能学講座 山本 芳実 (YOSHIMI YAMAMOTO, PhD)

教授

e-mail: yamataka@yamaguchi-u.ac.jp
Tel/Fax: 083-933-5909

 

担当授業科目

獣医生化学 獣医生化学実習
   
 

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

・タンパク質分解酵素およびその阻害因子の研究

主な研究業績

1. Deshapriya, R.M.C., Yuhashi, S., Usui, M., Takashi Kageyama, T., Yamamoto, Y. Identification of essential residues of CTLA-2α for inhibitory potency. J. Biochem. 147(3), 393-404 (2010).

2. Sugita, S., Horie, S., Nakamura, O., Futagami, Y., Takase, H., Keino, H., Aburatani, H., Katunuma, N., Ishidoh. K., Yamamoto, Y., Mochizuki, M. Retinal pigment epithelium derived cytotoxic T lymphocyte antigen-2α induces TGFβ-producing T regulatory cells. J. Immunol. 181, 7525-7536 (2008).

3. Luziga, C., Nakamura, O., Deshapriya, R.M.C., Usui, M, Miyaji, M., Wakimoto, M., Wada, N., Mbassa, G., Yamamoto, Y. Dendritic and axonal localization of Cytotoxic T-Lymphocyte Antigen-2 alpha protein in mouse brain. Brain Res. 1204, 40-52 (2008)

4. Yamamoto, Y., Kurata, M., Watabe, S., Murakami, R. and Takahashi, S.Y. Novel cysteine proteinase inhibitors homologous to the proregions of cysteine proteinases (Mini-Review) Current Proteins & Peptide Science, 3, 231-238 (2003).

5. Yamamoto, Y., Watabe, S., Kageyama, T. and Takahashi, S. Y. A novel inhibitor protein for Bombyx cysteine proteinase is homologous to propeptide regions of cysteine proteinases. FEBS Lett., 448, 257-260 (1999)

研究内容の紹介

 細胞内外分解過程の調節機構に興味をもっており,特に,細胞内小器官であるリソゾームに局在する酵素の研究を行ってきた。材料としては,ヒトを含む哺乳動物からカイコ、ショウジョウバエ等の昆虫類まで使っている。最近は特に,タンパク分解酵素およびその阻害因子に興味をもって研究を続けている。カイコ血液中に、カテプシンL様酵素を選択的に阻害する阻害因子を見出し、これが全く新規なタンパク質であることが解り,ショウジョウバエ、マウスの相同タンパクを含め性質の検討を行っている。最近、記憶や免疫に関わるなど新たな機能も見つかり、思わぬ展開になりそうである。研究の方法は,主として生化学的方法であるが,具体的には,酵素学、タンパク質化学,組み換えDNA技術等である。

コンタクトインフォメーション

居室:農学部2階209号室

オフィスアワー:月10:30-12:00