山口大学 共同獣医学部

教員紹介

生体機能学講座 和田直己 (NAOMI WADA, PhD, DVM)

教授
獣医生体システム科学分野

e-mail: naomi@yamaguchi-u.ac.jp
Tel/Fax: 083-933-5885

個人ページ

担当授業科目

獣医生理学 獣医生理学実習
獣医学概論 専修獣医生理学
生命科学概論

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

脊椎動物の進化と歩行運動

(脊椎動物の系統発生と姿勢制御の進化)

主な研究業績

1. Wada, N., Miyajima N., Akatani, J., Shimojo, K., Kanda, K. Electromyographic activity of m. longissimus and the kinematics of the vertebral column during level and downslope treadmill walking in cat. Brain Res. 1103(2006) 140-144

 

2. Wada, N., Akatani, J., Miyajima, N., Shimojyo, K., Kanda, K. The role of vertebral column muscles in level versus upslope treadmill walking-an electromyographic and Kinematic study. Bran Res., 1090(2006) 99-109

 

3. Akatani, J., Miyata, H., Kanda, K., Wada, N. Differential effects of hindlimb peripheral afferents on motoneurons innervating different parts of longissimus muscle in cats. Ex. Brain Res. 157(2004) 111-116

 

4. Akatani, J., Kanda, K., Wada, N. Synaptic input from homonymous group I afferents in m. longissimus lumborum motoneurons in the L4 spinal segment in cats Exp. Brain Res. 156(2004) 396-398

 

5. Wada, N., Takahashi, K., Kanda, K. Synaptic inputs from low threshold afferents of trunk muscles to motoneurons innervating the longissimus lumborum muscle in the spinal cat. Exp. Brain Res. 149(2003) 396-398

研究内容の紹介

 脊椎動物の祖先は今から4―5億年前に地球上に現れたと考えられています。それから魚類が進化しました。自由に水中を泳いでいた魚類に足をもつ変わり者が生まれ、やがて陸上に上がるようになり我々も含めた陸棲脊椎動物の歴史が始まりました。陸に上がった脊椎動物はより速く、巧みに陸上を移動する能力の獲得を目指して競争を始めた。その結果、哺乳類は地球上のあらゆる環境において最も優れた歩行能力を獲得して地球上の支配者なったわけです。脊椎動物の進化はより優れた移動方法(ロコモーション)の獲得の歴史です。
  私たちの研究グループは脊椎動物の進化を念頭に特に 1、歩く、2、走る、3、2本足で歩くに注目してその神経制御について研究を行っています。脊椎動物が行う最も美しく感動的な生命活動、それがロコモーションです。私たちの研究は人が美しいと感じるメカニズムを知る研究だともいえるのではないかと感じつつ研究を進めています。

コンタクトインフォメーション

居室:農学部2階229号室

オフィスアワー:随時