山口大学 共同獣医学部

教員紹介

病態制御学講座 坂井 祐介(YUSUKE SAKAI, DVM)

助教
獣医病理学分野

e-mail:vsakai@yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5890
Fax: 083-933-5890

担当授業科目

獣医病理学実習

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

・免疫担当細胞と組織再生反応の関連性についての病理学的解析
・ウイルス性疾患の病理学的解析

主な研究業績

・Lee H, Sunden Y, Sakai Y, Ochiai K, Umemura T. CXCL12 improves immune responses to neurotropic virus propagation in the CNS by attracting antibody secreting cells.
Vet. Immunol Immunopathol. 2012 Nov 15;150(1-2):19-26.

・Sakai Y, Uchida K, Nakayama H. A20 and ABIN-3 possibly promote regression of trehalose 6,6'-dimycolate (TDM)-induced granuloma by interacting with an NF-kappa B signaling protein, TAK-1.
Inflamm Res. 2012 Mar;61(3):245-53.

・Sakai Y, Uchida K, Nakayama H. Histopathological features and expression profiles of cytokines, chemokines and SOCS family proteins in trehalose 6,6'-dimycolate-induced granulomatous lesions.
Inflamm Res. 2011 Apr;60(4):371-8.

・Takeuchi Y, Matsuura S, Fujino Y, Nakajima M, Takahashi M, Nakashima K, Sakai Y, Uetsuka K, Ohno K, Nakayama H, Tsujimoto H. Hypereosinophilic syndrome in two cats.
J Vet Med Sci. 2008 Oct;70(10):1085-9.

・Ano Y, Nakayama H, Sakai Y, Sakudo A, Endo M, Ebisu S, Li J, Uetsuka K, Manabe N, Onodera T.
Incorporation of beta-amyloid protein through the bovine ileal epithelium before and after weaning: model for orally transmitted amyloidoses.
Microbiol Immunol. 2008 Aug;52(8):429-34

・坂井祐介 上塚浩司 中山裕之
新WHO分類による犬・猫の悪性リンパ腫の組織学的診断
日本獣医師会誌 2008, 61, 543-4810.コンタクトインフォメーション


研究内容の紹介

 病理学は様々な疾患の成り立ちや病態を研究する学問ですが、特にウイルス感染症や免疫応答に興味をもっています。ウイルスは感染細胞への細胞死誘導や異常なサイトカイン産生の誘導などにより病気を誘導します。この病原性誘導機序の解明を目的に免疫とウイルスの相互作用に関して研究を行っています。また、一部の免疫担当細胞やサイトカインは病原体の排除だけでなく様々な臓器の再生を促す働きをもっていることが明らかになってきています。この機序を解明し、疾患の治療への応用を目指す研究も行っています。

コンタクトインフォメーション

居室:共同獣医部2階226号室

オフィスアワー:いつでも