山口大学 共同獣医学部

教員紹介

臨床獣医学講座 谷口 雅康 (MASAYASU TANIGUCHI, PhD, DVM)

准教授
獣医繁殖学分野

e-mail: masa0810@yamaguchi-u.ac.jp
Tel/Fax: 083-933-5911

http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~hanshoku/

担当授業科目

獣医繁殖学実習  
   
 

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

牛の生殖工学に関する研究として、ウシの遺伝的背景に基づいた胚回収プログラムの確立、新規の受精卵凍結方法の研究開発、胚移植関連技術を活用した繁殖効率改善方法の確立について研究を行っています。

主な研究業績

1.Taniguchi, M., Arikawa, R., Kaedei, Y., Tanihara, F., Namula, Z., Viet, V.L., Sato, Y. and Otoi, T.* Effects of cryoprotectant agents and equilibration methods on developmental competence of porcine oocytes. CryoLetters.(2011) In press.  

2.Taniguchi, M., Ikeda, A., Arikawa, E., Wongsrikeao, P., Agung, B., Naoi, H., Nagai, T. and Otoi, T. (2007). Effect of cryoprotectant composition on in vitro viability of in vitro-fertilized and cloned bovine embryos following vitrification and in-straw dilution. J. Reprod. Dev. 53, 963-969.

3.Taniguchi, M., Ikeda, A., Arikawa, E., Shimizu, R., Seki, M., Karaki, M., Rajamahendran, R. and Otoi, T. (2007). Ovarian follicular and corpus luteum changes, progesterone concentrations, estrus and ovulation following estradiol benzoate / progesterone based treatment protocol in cross-bred cows. Anim. Reprod. Sci. 99, 389-394.

研究内容の紹介

 生殖工学、特に胚移植関連技術を基盤に、優良家畜の効率的増産を目的とした技術開発を行い、更なる生産性の向上を図ると共に、生産現場で問題となっている獣医繁殖学上の問題を取り上げ、そのメカニズムを解明し、新規の治療法を開発することを目的として研究を行っています。

コンタクトインフォメーション

居室:農学部2階234号室

オフィスアワー:いつでも。