山口大学 共同獣医学部

教員紹介

生体機能学講座 島田 緑(MIDORI SHIMADA, PhD)

教授
生化学分野

e-mail:shimada@yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5909
Fax: 083-933-5909

担当授業科目

生化学Ⅰ 生化学実習
生命科学概論(分担)

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

・ クロマチン修飾によるゲノム安定性維持機構の解明
・ 病態形成に関わるChk1標的因子の機能解明
・ 難治性がんの新規抗がん剤の探索
・ 生命現象と密接に関連するヒストンバリアントの機能解明

主な研究業績

1. Shimada M and *Nakanishi M
Aurora B twists on histones for activation
Cell Cycle, 2016; 15: 3321.

2. *Shimada M, Goshima T, Matsuo H, Johmura Y, Haruta M, Murata K, Tanaka H, Ikawa M, Nakanishi K and *Nakanishi M
Essential role of auto-activation circuitry on Aurora B-mediated H2AX-pS121 in mitosis
Nature Commun., 2016; 7: 12059.

3. 1Goshima T, *1Shimada M (1Both authors contributed equally to this work), Sharif J, Matsuo H, Misaki T, Johmura Y, Murata K, Koseki H and *Nakanishi M Mammal-specific H2A Variant, H2ABbd, Is Involved in Apoptotic Induction via Activation of NF-κB Signaling Pathway
J Biol Chem., 2014; 289: 11656-11666.

4. *Shimada M and *Nakanishi M
Response to DNA damage: why do we need to focus on protein phosphatases?
Front Oncol., 2013; 3: 1-14.

5. Shimada M, Haruta M, Niida H, Sawamoto K and *Nakanishi M
Protein phosphatase 1γ is responsible for dephosphorylation of histone H3 at Thr 11 after DNA damage
EMBO Rep., 2010; 11: 883-889.

6. Shimada M, Niida H, Zineldeen DH, Tagami H, Tanaka M, Saito H and *Nakanishi M
Chk1 is a histone H3 threonine 11 kinase that regulates DNA damage-induced transcriptional repression
Cell., 2008; 132: 221-232.

7. Shimada M, Yamada-Namikawa C, Murakami-Tonami Y, Yoshida T, Nakanishi M, Urano T and *Murakami H
Cdc2p controls the forkhead transcription factor Fkh2p by phosphorylation during sexual differentiation in fission yeast
EMBO J., 2008; 27: 132-142.

8. Shimada M, Nabeshima K, Tougan T and *Nojima H
The meiotic recombination checkpoint is regulated by checkpoint rad+ genes in fission yeast
EMBO J., 2002; 21: 2807-2818.

研究内容の紹介

 真核生物は、様々なゲノムストレスに対抗するために複数の防御機構(DNA修復、チェックポイント、アポトーシス、細胞老化)を備えています。遺伝情報を安定に伝えるためには、これら防御機構の協調がとても重要であり、またその破綻は様々な疾患を引き起こします。  当研究室では、発がんに大きく影響を与えるゲノム安定性を維持する分子機構の解明が大きな研究テーマです。特にチェックポイント因子であるChk1(Checkpoint kinase 1)によるヒストン修飾を介したゲノムストレス応答機構(Shimada et al., Cell, 2008)や、ヒストンバリアントによる染色体分配制御など(Shimada et al., Nature communication, 2016)、生命を維持する根幹のしくみを明らかにしました。
 当研究室の得意とする生化学的手法と創薬化学、構造生物学、ゲノム生物学を専門とする研究者、さらに臨床医とチームを構築して、健康寿命を伸ばすという人類の大きな夢に貢献する研究に取り組みます。国内外の研究者と強力に連携しながら、基礎をしっかりと固める骨太の研究を行い、広い視野で未来を見据えた研究に取り組んでいます。

コンタクトインフォメーション

・居室:共同獣医部2階209号室
・オフィスアワー:随時