山口大学 共同獣医学部

教員紹介

病態制御学講座 櫻井 優(MASASHI SAKURAI , DVM)

助教
獣医病理学分野

e-mail:sakurai@yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5891
Fax: 083-933-5891

担当授業科目

獣医病理学実習

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

・てんかん発作により脳に生じる変化の病理学的解析
・自然発生性疾患の病理学的解析

主な研究業績

・Sakurai M, Kuninaga N, Takauchi T, Tsuka T, Morita T. Congenital mmultifocal increase of Purkinje fibres in a calf with cardiac conduction delay. Journal of Comparative Pathology. 151: 234-237, 2014.

・Rattanapinyopituk K, Shimada A, Morita T, Sakurai M, Asano A, Hasegawa T, Inoue K, Takano H. Demonstration of the clathrin- and caveolin-mediated endocytosis at the maternal-fetal barrier in mouse placenta after intravenous administration of gold nanoparticles. Journal of Veterinary Medical Science. 76: 377-378, 2014.

・Sakurai M, Kurokawa H, Shimada A, Nakamura K, Miyata H, Morita T. Excitatory amino acid transporter 2 downregulation correlates with thalamic neuronal death following kainic acid-induced status epilepticus in rat. Neuropathology, in press.

・Sakurai M, Morita T, Takeuchi T, Shimada A. Relationship of angiogenesis and microglial activation to seizure-induced neuronal death in the cerebral cortex of Shetland Sheepdogs with familial epilepsy. American Journal of Veterinary Research. 74: 763-770, 2013.

・Sakurai M, Morita T, Kondo H, Uemura T, Haruna A, Shimada A. Cerebral vascular hamartoma with thrombosis in a dog. Journal of Veterinary Medical Science. 73: 1367-1369, 2011.

・櫻井 優, 森田 剛仁, 墨崎 雄一郎, 朴 天鎬, 島田 章則. 非滲出型猫伝染性腹膜炎にみられた大脳硬膜静脈洞における静脈洞血栓症の 1 例, 日本獣医師会雑誌. 63: 715-718, 2010.

研究内容の紹介

 てんかんの脳には様々な変化が生じることが知られていますが、その病理発生(病気の成り立ち)は未だよくわかっていません。てんかんの脳に生じる変化の病理発生を明らかとすることを目的として研究を行っています。
 また、病気の理解には自然発症例から得られる知見の積み重ねが重要と考え、形態学的、免疫組織学的および分子生物学的手法を用い、ご提供いただいた貴重な症例を詳細に検討しています。

コンタクトインフォメーション

居室:共同獣医部2階227号室

オフィスアワー:いつでもお越しください。

(平日9:00-17:00は研究室に居ります。気軽にメールでご連絡下さい。)