山口大学 共同獣医学部

教員紹介

病態制御学講座 森本 将弘 (MASAHIRO MORIMOTO, PhD, DVM)

教授
獣医病理学分野

e-mail: morimasa@yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5892
Fax: 083-933-5820

 

担当授業科目

獣医病理学実習  
   
 

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

・ Th2細胞の活性化機構の研究
・ 寄生虫感染時のエフェクター細胞の分化増殖機構の研究

主な研究業績

1. Morimoto, M., Yamauchi, Y., Shinkawa, S., Ishiwata,.K., Hayashi, T.:Nematode infection in Alymphoplasia (aly) mice: worm species-dependent differential effect of defects of the gut-associated lymphatic tissue system. Scand J Immunol. 63(5):365-70 (2006).


2. Morimoto, M., Morimoto, M., Zhao, A., Madden, K.B., Dawson, H., Finkelman, F.D., Mentink-Kane, M.M., Urban Jr, J. F., Wynn, T.A., Shea-Donohue, T.: Regional and cellular differences in localization of gene expression of receptors for IL-4 and IL-13 in murine gut. J. Immunol, 176(1):491-495 (2006).


3. Morimoto, M., Morimoto, M., Whitmire, J., Xiao, S., Anthony, R.M., Mirakami, H., Star, R.A., Urban Jr, J.F., Gause, W.C. : Peripheral CD4 T cells rapidly accumulate at the host:parasite interface during an inflammatory Th2 memory response. J. Immunol, 172(4):2424-2430 (2004)


4. Hayashi, T., Hasegawa, K., Morimoto, M., Onodera, T. : Effect of antibodies to intercellular adhesion molecule (ICAM)-1 and lymphocyte function-associated antigen (LFA)-1 on cytokine mRNA expression in reovirus type-2-triggered autoimmune insulitis in suckling DBA/1 mice. J. Comp. Pathol., 128(4):283-288 (2003)


5. Morimoto, M., Yamamoto, N., Hayashi, T. : Lactic dehydrogenase virus infection reduces the explusion of the nematode Nippostrongylus brasiliensis. Parasitol. Res., 90(2):153-156 (2003)


6. Hayashi, T., Adachi, Y., Hasegawa, K., Morimoto, M. :Less sensitivity for late airway inflammation in males than females in BALB/c mice. Scand. J. Immunol., 57(6):562-567 (2003)

研究内容の紹介

 Th2細胞の活性化機構に興味をもっており,特に,寄生虫感染実験系を用いて研究を行ってきた。最近は特に,

1)腹腔でのTh2細胞の活性化機構の研究を行っている。通常Th2細胞が活性化する組織である2次リンパ節を欠損する突然変異動物においても、Th2細胞の活性化が認められることが解り、その活性化部位の候補として腹腔を対象に研究を続けている。

2)種々の液性細胞増殖因子の分泌元としての平滑筋細胞に注目し、現在はマスト細胞増殖因子の産生に関して、分子生物学的に研究を行っている。研究の方法は,主として病理組織学的方法であるが,その他にも形態学とリンクした分子生物学的、免疫学的技術等を用いている。

コンタクトインフォメーション

居室:農学部2階227号室

オフィスアワー:在室時はいつでも