山口大学 共同獣医学部

教員紹介

臨床獣医学講座 角川 博哉 (HIROYA KADOKAWA, PhD)

准教授
獣医繁殖学分野

e-mail: hiroya@yamaguchi-u.ac.jp
Tel/Fax: 083-933-5825

個人のページ

担当授業科目

獣医予防管理学 臨床栄養学
   
 

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ(教育研究活動の詳細は研究室ホームページを見てください)

1) 動物の生体調節機能や繁殖機能のための重要なメカニズムを、分子、細胞、臓器、個体、そして動物の集団である"群れ"のレベルで解明

2)性成熟、受胎、妊娠、分娩、泌乳といった過程で大きな生理的な変化が起きて、様々な病気やトラブルなどを発症しやすいメスにおける、リスク因 子の解明と評価に基づく管理技術の開発

3)動物の健康や性機能に与える環境内リスク因子や栄養の効果

4)未利用の生物機能等を用いた新規な動物管理手法の開発

主な研究業績

(ここでは2006年から2012年3月までの主要な物の一部のみです。それ以外の業績等は研究室ホームページを見て下さい。)

I. 著書など

角川博哉 反芻動物 (石橋晃他編著, 動物飼養学, 養賢堂), 2011

角川博哉 乳牛の繁殖効率改善のために、抑制要因とリスクについて (酪農経営のリスクを防ぐ, デーリージャパン社), 2011

Kadokawa H. Environmental stressors, nutrition, and new peptides affecting pituitary functions in domestic ruminants. pp. 195-209. In Advances in medicine and biology. Volume 27 (Eds: Leon V. Berhardt), Nova Science Publishers, New York, 2011

角川博哉 家畜のための暑熱ストレス対策に関わる最新情報 (家畜診療, 58 , 361-367), 2011

 

角川博哉 乳牛のための暑熱ストレス対策に関わる最新情報 (臨床獣医, 29 , 29-33), 2011

角川博哉 高泌乳牛における繁殖障害の危険性を無くすタンパク給与(2)蛋白過剰が繁殖機能を抑制する古典的メカニズムと新たな対策体系 (家畜診療, 56, 585-594) , 2009

角川博哉 高泌乳牛における繁殖障害の危険性を無くすタンパク給与(1)反芻胃を中心とした新たな観点と誤解の排除 (家畜診療, 56, 523-532) , 2009

角川博哉 見島牛の謎に科学でせまる, ゆうゆうワイド, NHK総合テレビ(2008 年12月26日放映)

Kadokawa H. A new perspective on management of reproduction in domestic ruminants: Utilizing their parallel processing network linking between adipocytes and hypothalamus. pp. 1-15. In New research on neurosecretory systems (Eds: Elissa Romano and Sara De Luca), Nova Science Publishers, New York, 2008

角川博哉 暑熱ストレスが乳牛の生殖機能に及ぼす影響 (酪農ジャーナル, 61, 15-18) , 2008

角川博哉 胚移植におけるドナー牛とレシピエント牛の栄養管理(2)過剰排卵と栄養生理学についての最近の成果 (家畜診療, 55, 411-416) , 2008

角川博哉 胚移植におけるドナー牛とレシピエント牛の栄養管理(1)適切な体脂肪量 (家畜診療, 55 , 367-373) , 2008

I I .主要な論文

Kadokawa H, Sakatani M, Hansen PJ. Perspectives on improvement of reproduction in cattle during heat stress for sustainable cattle production in a future Japan. Animal Science Journal (in press)

Tanaka Y, Kadokawa (2012). Diet containing only maintenance levels of energy and protein during latter pregnancy resulted in prolonged delivery time during parturition in rats. Reproduction, Fertility, and Development, 24, 317-322.

Kadokawa H, Shibata M, Tanaka Y, Kojima T, Matsumoto K, Oshima K, Yamamoto N (2009). Bovine C-terminal octapeptide of RFamide-related peptide-3 suppresses luteinizing hormone (LH) secretion from the pituitary as well as pulsatile LH secretion in bovines. Domestic Animal Endocrinology, 36, 219-224.

Kadokawa H, Matsui M, Hayashi K, Matsunaga N, Kawashima C, Shimizu T, Kida K, Miyamoto A (2008). Peripheral administration of kisspeptin-10 increases plasma concentrations of GH as well as LH in prepubertal Holstein heifers. Journal of Endocrinology, 196, 331-334.

Kadokawa H, Tameoka N, Uchiza M, Kimura Y, Yonai M (2008). A field study on the relationship between body condition and embryo production in superovulated Holstein yearling heifers. Journal of Dairy Science, 91, 1087-1091.

Kadokawa H, Suzuki S, Hashizume T (2008). Kisspeptin-10 stimulates the secretion of growth hormone and prolactin directly from cultured bovine anterior pituitary cells. Animal Reproduction Science, 105, 404-408.

Kadokawa H, Matsumoto J, Yokota H (2007). In vitro glucuronidation of estradiol-17beta by microsomes prepared using liver biopsy specimens from dairy cows. Journal of Veterinary Medical Science, 69, 557-559.

Hawken PA, Beard AP, Esmaili T, Kadokawa H, Evans AC, Blache D, Martin GB (2007). The introduction of rams induces an increase in pulsatile LH secretion in cyclic ewes during the breeding season. Theriogenology, 68, 56-66.

Kadokawa H, Aikawa K, Kimura K, Blache D, Williams IH, Martin GB (2007). Links between de novo fatty acid synthesis and leptin secretion in bovine adipocytes. Journal of Veterinary Medical Science, 69, 225-231.

Kadokawa H (2007). Seasonal differences in the parameters of luteinizing hormone release to exogenous gonadotropin releasing hormone in prepubertal Holstein heifers in Sapporo. Journal of Reproduction and Development, 53, 121-125.

Kadokawa H (2007). Effects of exogenous estradiol and progesterone on plasma concentrations of leptin in ewes in non-breeding season. Journal of Reproduction and Development, 53, 45-50.

Kadokawa H, Blache D, Martin GB (2006). Plasma leptin concentrations correlate with luteinizing hormone secretion in early postpartum Holstein cows. Journal of Dairy Science, 89, 3020-3027.

Kadokawa H, Martin GB (2006). A new perspective on management of reproduction in dairy cows: the need for detailed metabolic information, an improved selection index and extended lactation. Journal of Reproduction and Development, 52, 161-168.

Martin GB, Kadokawa H (2006). Clean, green and ethical animal production. Case study: reproductive efficiency in small ruminants. Journal of Reproduction and Development, 52, 145-152.

研究内容の紹介

 人類は地球上に誕生してから、生活を豊かにするために、数種類の科に属する動物を飼育し繁殖させるようになりました。現在では人間の身近な動物となった、イヌやウシなどです。これらの動物に対する獣医師の仕事は、これまでは、診断、手術、投薬などの診療行為が主体でした。しかし、現在、"予防"も非常に重要視される時代になりました。たとえば、乳牛や肉牛などの世界では"病気を予防する管理方法"や、"病気になりにくい動物つくり"は、生産コストを低減したい農家、安心安全な畜産物を食べたい消費者、そして農家の支援と同時に消費者を守る立場にある獣医師から重要視されているのが現状です。それでは、現在、人類がもっている知識や技術は、このような"予防"が重要視される新しい時代のために十分で、満足できる水準でしょうか?不十分であり、未完成である、が私達の答えです。そして新しい知識と技術の体系つくりが、今後は非常に重要になると考えます。

 動物の研究では材料と方法が必須です。私達の基本姿勢は、人間の言葉を話せない動物から得られる情報を様々な観点から得て応用する事です。私達は、動物を個体としての観点と、群れとしての観点の両方でとらえます。個体としての観点では、分子、細胞、臓器、そして個体のレベルで考えますが、それぞれの考え方は、相互に補完しあう関係です。一方、群れとしての観点では、個体同士が相互に、良い方向にも悪い方向にも、影響し合うという視点でとらえます。そして個体や群れには、環境ストレスや、飼育者の様々な行為など、個体や群れの周囲に存在する要因が強く影響するという視点でとらえます。

 ところで人類の生活を豊かにするようになった哺乳動物は、地球上の哺乳類の中では異端児であり、種の数の比率で見ると5%未満です。たまたまか、必然か、今となっては歴史上の経緯には不明な点が多い、現在の人間の生活を豊かにしてくれる動物達、彼らの健康管理について考える際には、"異端児"から得られる情報のみを根拠にすると、人間の考えが及ばない範囲がありえるという注意も必要です。また人類の生活を豊かにするようになった哺乳動物の利用の仕方には、民族による違い、同じ日本人でも地方による違いがあるため、動物を分類するために 便宜的に使われる用語(伴侶動物、産業動物、実験動物、野生動物)はできるだけ用いずに考えます。以上のように人間が便宜的に区切った従来のジャンルにこだわらずに自由に考え、新しい知識と技術の体系つくりのためには、相互に補完しあう関係であると考えます。

コンタクトインフォメーション

居室:農学部1階127号室

オフィスアワー:随時