山口大学 共同獣医学部

教員紹介

臨床獣医学講座 伊藤 良樹 (YOSHIKI ITOH, PhD, DVM)

准教授
獣医放射線学分野

e-mail: itoh-y@yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5910
Fax: 083-933-5930

担当授業科目

獣医学概論 獣医放射線学
獣医放射線学実習 獣医外科学各論
獣医外科学実習 獣医内科学実習
臨床実習

詳細は修学支援システムへ

研究テーマ

・視覚電気生理学的手法を用いた動物の視力測定法の開発
・高次画像診断技術を用いた視覚と頭蓋内病変に関する研究
・獣医眼科疾患の診断および治療に関する研究

主な研究業績

1. Itoh Y, Hagiwara M, Maehara S, Izumisawa Y (2011). Accuracy of hand-held autorefractometer for refractive examination of dog's eye, and influence of accommodation. Animal Eye Research, 29: 3-10.

 

2. Maehara S, Itoh Y*, Higashinozono K, Izumisawa Y (2011). Evaluation of refractive value by skiascopy in healthy Beagle dogs. J. Vet. Med. Sci., 73: 927-929.

 

3. Itoh Y, Maehara S, Tomita S, Izumisawa Y (2010). Flash-stimulated visual evoked potential in Beagle dogs: effect of mydriasis, stimulated side of eye and reproducibility. Anim. Eye Res., 29: 7-12.

 

4. Itoh Y*, Maehara S, Okada K, Izumisawa Y (2010). Pattern-stimulated visual evoked potential in dog: changes in elicited response with pattern size and calculation of visual acuity. J. Vet. Med. Sci., 72: 1449-1453.

 

5. Itoh Y, Maehara S, Yamasaki A, Tsuzuki K, Izumisawa Y (2010). Investigation of fellow eye of unilateral retinal detachment in Shih-Tzu. Vet. Ophthalmol., 13: 289-293.

 

6. 伊藤良樹, 梅田裕洋, 若生晋輔, 齋藤陽彦 (2010). 犬緑内障症例における動物診療施設への来院までの日数と視覚維持の検討. 日本獣医師会雑誌, 63: 281-285.

 

7. Itoh Y, Inoko H, Kulski JK, Sasaki S, Meguro A, Takiyama N, Nishida T, Yuasa T, Ohno S, Mizuki N (2006). Four-digit allele genotyping of the HLA-A and HLA-B genes in Japanese patients with Behcet's disease by a PCR-SSOP-Luminex method. Tissue Antigens, 67: 390-394.

 

8. Itoh Y, Mizuki N, Shimada T, Azuma F, Itakura M, Kashiwase K, Kikkawa E, Kulski JK, Satake M, Inoko H (2005). High-throughput DNA typing of HLA-A, -B, -C, and -DRB1 loci by a PCR-SSOP-Luminex method in the Japanese population. Immunogenetics, 57: 717-729.

研究内容の紹介

我々が対象とする犬や猫といった動物は人と同様の方法では「視力」の評価をすることは出来ません。そのため、現在の獣医学では動物の「視覚」を様々な反射や反応、または生理学的な応答を用いて評価しています。動物の視力を評価することが出来れば生物学的な知識としてだけでなく、臨床現場においても疾患の病態評価や治療効果の判定に有用な指標となると考えられます。現在は対象(もの)を認識した際に表れる脳波(視覚誘発電位)を用い、動物の視力測定法の開発を行っています。

コンタクトインフォメーション

居室:動物医療センター2階

オフィスアワー:いるときはいつでも