共同獣医学部 獣医学科

獣医繁殖学分野 <産業動物の生産性向上と種の保存への取り組み>

教員

教授   髙木 光博

准教授  角川 博哉(予防管理学)
准教授  谷口 雅康

研究室紹介

・(繁殖学)生殖工学、特に胚移植関連技術を基盤に、優良家畜の効率的増産を目的とした技術開発を行い、生産現場で問題となっている獣医繁殖学上の問題を取り上げ、そのメカニズムを解明し、新規の治療法を開発することを目的として研究を行っています。また、体外受精、クローンや遺伝子導入などの先端技術を駆使した家畜の生産、野生動物の保護・増殖にチャレンジしています。
・(予防管理学)人間の生活を豊かにしてくれる様々な動物達、彼らの病気等を積極的に予防する事が重要な新時代になりました。このためには生体調節機能や繁殖機能などについて、内分泌、神経内分泌、分子生物、栄養、行動などの観点を基盤とした解明研究と、動物の周囲に存在するリスク因子を解明しコントロールする技術開発が重要です。私達は、これらのテーマに挑戦しています。 

研究テーマ

(繁殖学)
・遺伝子導入動物の作出、動物精液の保存技術の開発、異種間での体細胞クローン動物作出の試み
・ウシの遺伝的背景に基づいた胚回収プログラムの確立、新規の受精卵凍結方法の開発、胚移植関連技術を活用した繁殖効率改善方法の確立

(予防管理学)
・分子、細胞、臓器、個体、そして動物集団である"群れ"のレベルでの生体調節機能や繁殖機能のための重要メカニズムの解明、未利用生物機能等を用いた新規な動物管理手法の開発
・性成熟、受胎、妊娠、分娩、泌乳等の過程で大きな生理的変化が起きて、様々な病気やトラブル等を発症しやすいメスにおける、リスク因子の解明と評価に基づく管理技術の開発

教員紹介(髙木 光博 先生)

 獣医繁殖学を中心に、学生さんと一緒に
広く産業動物臨床を勉強して行きたいと思っています。

研究室のページ

http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~hanshoku/