共同獣医学部 獣医学科

生体機能学講座

脊椎動物の形態と機能を研究する分野で、病態・予防獣医学や臨床獣医学の基礎を支えています。電子顕微鏡等を用いて生物の形態を追及する分野、神経生理学的手法、生化学的手法あるいは薬理的手法を用いて生物の機能を追及する分野の教育・研究を行っています。

病態制御学講座

現在獣医領域で問題となっている感染症、免疫病、腫瘍、代謝疾患の基礎的研究ならびにその予防、治療法と分子生物学、微生物学、免疫学、病理学、疫学等の最新の研究方法を駆使して解明しようとしています。また、これらの結果を応用して人の健康維持、家畜の生産性の向上を目指した教育・研究を行っています。 

臨床獣医学講座

人間にかかわりのある種々の動物(産業動物、伴侶動物、水生動物、実験動物、動物園動物など)の健康を管理することにより社会に貢献しています。臨床免疫学、寄生虫病学、臨床病理学、放射線学、麻酔学、神経生理学、胚移植の等の理論と技術を駆使して高度の診断技術と的確な治療法を確立するとともに病因の究明、その予防法の開発や優秀な家畜を生産するための教育・研究を行っています。 




共同獣医学部付属センター

動物医療センター

高度獣医療を実践するための診断・治療法を確立させるための研究施設として,また優れた獣医療関係者を養成するための教育病院として,社会的な貢献を果たすべく日々努力しています。 

獣医学国際教育研究センター

共同獣医学部になって新しく設置されたセンターで,基礎獣医学部門,応用獣医学部門,臨床獣医学部門,実験動物学部門の4部門から構成されます。欧米と同水準の獣医学教育を行うために,様々な獣医学教育プログラムを開発するともに,獣医学研究の促進と高度化を目指しています。 




大学院

連合獣医学研究科

現在獣医学領域で問題になっている感染症、免疫病、腫瘍、代謝疾患の基礎的研究並びにその予防、治療法を分子生物学、細胞生物学、遺伝子操作等の最新の研究方法を駆使して解明し、それらの根絶を目指す。これらの成果は公衆衛生分野、家畜衛生分野へ応用され、人間の健康保持、生産性の向上等が目指される。このための高度な教育と研究を行う。