共同獣医学部 統一サイト

共同獣医学部 統一サイト

共同獣医学部 統一サイト

共同獣医学部 統一サイト

ホームページに関する問合わせ yudvm@yamaguchi-u.ac.jp

共同獣医学部長からのメッセージ - 平成27年度 -

「石の上にも三年


山口大学 共同獣医学部長
木曾 康郎

 

 我々の永年の悲願であった獣医学部は山口大学・鹿児島大学共同獣医学部として創設され,4年目を迎えました。

 

 国際水準の獣医学教育を目指して,EAEVE(欧州獣医学教育協会)の認証評価を受けるための準備や調査・研究を急ピッチで進めています。特に,昨年は,パートナーの鹿児島大学との協力連携の深化,さらには北海道大学・帯広大学共同教育課程との緊密な連携を構築し,EAEVEの主要メンバーによる非公式事前評価を実施しました。多くの欠落事項が指摘されましたが,改善すべき問題点が明確になりました。また,若い教員二人を欧州の有力大学に派遣し,教育体制と方法と実際について学んで頂きました。さらに,欧州の有力大学4校を訪問し,獣医学教育に関する情報を交換し,今後の協力関係をお願いするとともに,その内2校とは学術交流協定を締結することとなりました。

 

 共同獣医学部の象徴である8階建・新棟iCOVER (International Center of Veterinary Education and Research) も竣工し,1階から4階までの教育実習室はこの4月から運用を開始しました。全館が稼働するのは秋口の予定ですが,その際には,皆様にお披露目式を開催したいと思います。全国でも類を見ない60人規模のBSL3レベルの実習室を備えており,感染症対策の教育・研究に大きく貢献することが期待されます。また,本年秋には,動物医療センターにリニアック(腫瘍などの放射線治療装置)が導入され,さらに高度な治療を開始する予定です。獣医学教育コア・カリキュラム対応の新カリキュラムが開始され,両大学同時に行う遠隔講義も専門教育でも順調に滑り出しました。本年度は,参加型臨床実習のための共用試験の導入,高年次コアカリキュラム・アドバンス科目の円滑な実施の準備を行わなければなりません。これらのための施設整備や人員配置はほぼ揃いました。

 

 工程表に従えば,平成32年度にEAEVE認証を申請する予定で,そのためには,3年後の平成30年度に公式事前評価を受けなければなりません。未だ高いハードルが山積しており,病理解剖実習関連施設,産業動物入院・隔離施設,産業動物実習施設などなど・・・構成員皆の知恵を出し合ってひとつずつ乗り越えていきたいと思います。

 

 まずは,3年後の公式事前評価に向けて・・・「石の上にも三年」